清原和博氏「これからの人生、高校野球にささげたい」…執行猶予期間が満了

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 覚醒剤取締法違反(使用など)で2016年5月に懲役2年6月、執行猶予4年の判決を受けた元プロ野球選手の清原和博氏(52)が15日、執行猶予期間が満了したことを受け、同日に著書を刊行した文芸春秋を通じて、書面でコメントを発表した。「これからの人生を薬物依存症で苦しむ人たちと、野球界、特に私自身の原点でもある高校野球にささげたい」などと心境をつづった。

 また、清原氏は「薬物依存症の治療を進める中で、薬物の恐ろしさ、この病気の実態を知り、人とつながっていくこと、人に助けてもらうことの大切さを知った」と記した。

無断転載・複製を禁じます
1278956 0 プロ野球 2020/06/15 21:02:00 2020/06/15 22:58:44

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ