実況の声がグラウンドに届かないよう配慮を、セ・パ両リーグが放送局に要望

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本野球機構(NPB)は22日、セ・パ両リーグ統括からテレビ放送局などに対し、実況中継の声がグラウンドまで届かないよう配慮を求める趣旨の文書を出したことを明らかにした。

 無観客で行われた21日のヤクルト―中日戦で、中日の与田監督が「実況ブースから『捕手がインコースに構えた』などの声が聞こえる」と審判に指摘するなどして、プレー再開が遅れる一幕があった。

無断転載・複製を禁じます
1293621 0 プロ野球 2020/06/22 17:22:00 2020/06/22 18:06:27

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ