読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「何とかしたいという気持ち」…広島・田中広が先制打

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 広島10―3中日(セ・リーグ=28日)――広島の田中広が二回、先制打。中日・梅津のスライダーを中前に打ち返した。「先制点がほしかったので、何とかしたいという気持ちで打席に入った。チャンスでうまく対応することができた」。6番の会沢が中前打を放ち、続く堂林が手堅く送って築いた好機を、8番打者が生かした。今季の広島は下位打線も勝負強い。

無断転載・複製を禁じます
1306606 0 プロ野球 2020/06/28 17:18:00 2020/06/28 17:18:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)