巨人戦、スタンドにファン戻り「新たな観戦様式」…「今できる方法で精いっぱい応援」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

観客を入れて試合が行われた巨人―ヤクルト戦(11日午後、神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で)=吉野拓也撮影
観客を入れて試合が行われた巨人―ヤクルト戦(11日午後、神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で)=吉野拓也撮影

 新型コロナウイルスの影響で無観客試合が続いていたプロ野球・読売巨人軍が11日、ほっともっとフィールド神戸(神戸市)での東京ヤクルトスワローズとの公式戦に、観客を入れて初めて臨んだ。ファンは「新たな観戦様式」で選手を後押しした。

 前日は雨天中止となり、この日も悪天候だったが、試合は30分遅れの午後6時半に始まった。

 感染予防のため、球場入り口ではサーモグラフィーによる検温や手指の消毒などを実施。入場は5000人に限定した上、客席は前後1列、左右は少なくとも3席空けて「密」を防いだ。スタンドに売り子の姿はなく、ファウルなどで客席に飛び込んだボールも係員が回収する徹底ぶりを見せた。

 横浜市から来た会社員男性(31)は「観客数も制限し、席も空けているので対策は十分だと思う」と話した。

 応援のスタイルも一変。歌やハイタッチ、ジャイアンツカラーのオレンジ色のタオルを振り回すことは禁じられ、ファンらは拍手したり、タオルを目の前に掲げたりして選手を鼓舞した。友人と観戦に訪れた兵庫県多可町の会社員女性(28)は「ファンがマナーを守ることが球団のためになる。今できる方法で精いっぱい応援できれば」と前向きにとらえていた。

 原辰徳監督は試合後、「ファンの方がいらっしゃるのは、球場そのもの、ゲームそのものを非常に華やかにしてくれる。そういう中で歓声をもらうというのが、我々の腕の見せ所」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1335842 0 プロ野球 2020/07/11 20:50:00 2020/07/12 00:40:10 1回無死、亀井がチーム初安打を放つ(11日午後6時43分、神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で)=吉野拓也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200711-OYT1I50066-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ