強力換気で給気量1・5倍、コンコースに大型送風機30台…東京ドームが感染対策

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新型コロナ対策やスクリーン改修などについて記者会見する山口寿一・読売新聞グループ本社社長(左、巨人軍オーナー)と長岡勤・東京ドーム社長(20日、東京都文京区で)=杉本昌大撮影
新型コロナ対策やスクリーン改修などについて記者会見する山口寿一・読売新聞グループ本社社長(左、巨人軍オーナー)と長岡勤・東京ドーム社長(20日、東京都文京区で)=杉本昌大撮影

 読売新聞グループ本社と読売巨人軍、東京ドームは20日、東京都内で記者会見を開き、東京ドームの新型コロナウイルス対策を発表した。今季初めて観客を入れて開催される28日のプロ野球の巨人戦から実施する。

コンコースに設置された大型送風機。換気を促し、空気の滞留を解消する
コンコースに設置された大型送風機。換気を促し、空気の滞留を解消する

 既存の強力な換気システムを活用して来場者が利用する1、2階エリアやバルコニー席、グラウンドレベルへの給気量をこれまでの1・5倍とするほか、コンコースに30台設置した大型の送風機で換気を促して空気の滞留を解消する。

2階席から1階席への飛沫を防ぐ「透明のひさし」
2階席から1階席への飛沫を防ぐ「透明のひさし」

 観客の中にウイルスの感染者が出た時に付近の座席の観客にメールなどで通知する追跡システム「東京ドーム・アラート」も導入。対策の効果を確かなものにするため、国島広之・聖マリアンナ医科大教授と吉川徹・労働安全衛生総合研究所統括研究員にアドバイザーを委嘱した。

 読売新聞グループ本社の山口寿一社長(巨人軍オーナー)は「ウイルスを持ち込まないのが第一だが、持ち込んでも感染させない、広げないという三段構えで考えている。世界トップレベルの感染対策を実現していく」と話した。

 2023年シーズンの開幕に向けて、ドームの大型スクリーンを国内スタジアムでは最大級となる約3・6倍に段階的に拡大する工事も行う。(動画は東京ドーム提供)

無断転載・複製を禁じます
1354966 0 プロ野球 2020/07/20 19:30:00 2020/07/21 06:09:45 東京ドームの設備改修などについての記者会見に臨む山口寿一・読売新聞グループ本社社長兼読売巨人軍オーナー(左)と長岡勤・東京ドーム社長(20日、東京都文京区で)=杉本昌大撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200720-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ