読売新聞オンライン

メニュー

オリックス、終盤の猛攻で連勝…ソフトバンクが首位タイに浮上

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ロッテ2―1西武(パ・リーグ=22日)――ロッテが投手戦を制して3位浮上。小島が七回途中1失点の好投で今季2勝目を挙げ、連敗を2で止めた。西武は好投した高橋光を、打線が援護できなかった。

    ◇

 ソフトバンク3―2日本ハム(パ・リーグ=22日)――ソフトバンクが逆転勝ちで首位タイに浮上。2点を追う七回に、中村晃の適時二塁打と松田宣の2点適時打で3点を奪った。日本ハムは今季初の3連勝を逃した。

    ◇

 オリックス11―7楽天(パ・リーグ=22日)――オリックスが終盤の猛攻で連勝。八回、吉田正の適時二塁打などで2点差とし、九回に若月、大城の適時打などで一挙6点を奪って逆転した。楽天は救援陣が崩れた。

無断転載・複製を禁じます
1360402 0 プロ野球 2020/07/22 22:51:00 2020/07/22 22:51:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)