ソフトバンク・長谷川勇也外野手がコロナ陽性…2日の西武戦は中止

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 プロ野球・福岡ソフトバンクホークスは1日、長谷川勇也選手(35)が新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査で陽性だったと発表した。球団はこれに伴い、2日の埼玉西武ライオンズ戦(福岡ペイペイドーム)の中止を決めた。6月19日の公式戦開幕後、12球団の選手が陽性となるのも、新型コロナ感染による公式戦の中止も初めて。

 球団によると、長谷川選手は7月31日の就寝時に微熱とのどの違和感があり、1日に病院でPCR検査を受け、陽性となったという。現在は発熱などの症状はなく、自宅待機している。

 長谷川選手はファームで調整中で、7月29~31日は福岡県筑後市のファーム施設での練習や試合に出ていた。同施設を利用している一軍選手やスタッフがいることから、球団は専門家の助言により、2日の西武戦を中止した。3日以降は、選手、スタッフにPCR検査を行ったうえで判断する。

無断転載禁止
1380828 0 プロ野球 2020/08/01 22:48:00 2020/08/02 00:01:29

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ