G7投手継投、2戦連続で零封勝ち…田中豊がプロ初勝利

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

プロ初勝利を挙げた田中豊(右)を祝福する原監督=稲垣政則撮影
プロ初勝利を挙げた田中豊(右)を祝福する原監督=稲垣政則撮影
3回から2番手で登板し、プロ初勝利を挙げた田中豊=稲垣政則撮影
3回から2番手で登板し、プロ初勝利を挙げた田中豊=稲垣政則撮影

 巨人8-0阪神(セ・リーグ=19日)――巨人が2試合連続で零封勝ち。一回に岡本の適時打と丸の犠飛で2点を先取。7投手の継投で寄せ付けず、田中豊がプロ初勝利。阪神は序盤の好機を生かせず。

        ◇

 中日11-2ヤクルト(セ・リーグ=19日)――中日が今季初の4連勝。一回にアルモンテの2ランで先制し、その後も着実に加点。先発・福谷が7回2失点と投打がかみ合った。ヤクルトは先発の原が崩れた。

        ◇

 広島2-2DeNA(セ・リーグ=19日)――DeNAは一回、ロペスの2点適時打で先制した。広島は六回、堂林と田中広の本塁打で追い付いた。終盤は両チームとも好機にあと1本が出ず、引き分けた。

無断転載・複製を禁じます
1420791 0 プロ野球 2020/08/19 22:44:00 2020/08/20 01:07:05 プロ初勝利を挙げた田中豊(右)を祝福する原監督(19日、東京ドームで)=稲垣政則撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200819-OYT1I50073-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ