ロッテ・福田秀、2試合連続アーチ…西武に快勝

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ロッテ8―1西武(パ・リーグ=4日)――ロッテの福田秀が2試合連続の本塁打。二回、西武・松本の直球を強振すると、高々と上がった打球は右翼ポール付近へ吸い込まれた。

 昨季までソフトバンクで毎年のように優勝争いをしてきた経験から、シーズン終盤の厳しい戦いに挑む心構えを「気負わず、明るく元気に野球をやること」と説く。リーグ首位を走る古巣の背中を追いかけながら、背番号7が言葉通りの活躍を見せている。

無断転載・複製を禁じます
1521005 0 プロ野球 2020/10/04 15:52:00 2020/10/04 15:52:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ