ソフトバンク・松田宣が先制打、初回4得点…日ハム破る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ソフトバンク8―4日本ハム(パ・リーグ=4日)――ソフトバンクの松田宣が先制打を放った。一回、二死一、三塁で打席に立つと、日本ハム・河野竜生りゅうせい(JFE西日本)の甘く入った変化球を見逃さずに左翼へはじき返す適時二塁打。「先制になってくれたし、チャンスで打ててよかった」とうなずいた。打線はさらにつながり、この回4得点で河野をノックアウト。2日の試合では約1か月ぶりのアーチをかけるなど復調の兆しを見せている松田宣が、試合序盤の流れを引き寄せた。

無断転載・複製を禁じます
1521050 0 プロ野球 2020/10/04 17:32:00 2020/10/04 17:32:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ