巨人セVなら京セラドームで日本シリーズ…東京ドーム使えず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 11月に始まるプロ野球の「SMBC日本シリーズ2020」に読売巨人軍が進出した場合、本拠地の東京ドームの代わりにオリックス・バファローズの本拠地である京セラドーム大阪が使用されることが5日、決まった。オンラインで開かれた日本野球機構(NPB)の理事会で承認された。

 今季は新型コロナウイルスの影響で公式戦の開幕が約3か月遅れ、日本シリーズも当初の予定より2週間遅れの11月21日に始まることになった。今季は第1、2、6、7戦でセントラル・リーグ優勝チームの本拠地が使用されるが、東京ドームは11月22日からの社会人・都市対抗野球と日程が重なるため、代替球場の検討が進められていた。京セラドーム大阪は、巨人が例年、公式戦を開催しているほか、天候に左右されない屋内球場で日程上の利点があることから選ばれた。

 過去の日本シリーズでは、1978年に阪急(当時)と対戦したヤクルトの本拠地・神宮球場が学生野球のため使用できず、後楽園球場で行われた例などがある。

無断転載・複製を禁じます
1524105 0 プロ野球 2020/10/05 19:08:00 2020/10/05 19:51:16

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ