阪神球団社長が引責辞任へ…相次ぐ選手のコロナ感染で

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

揚塩健治球団社長
揚塩健治球団社長

 プロ野球・阪神タイガースの揚塩あげしお健治・球団社長(60)が辞任する意向を固めたことが分かった。関係者が明らかにした。チーム内で新型コロナウイルス感染者が相次いだことの責任を取るとみられる。

 阪神では3月、藤浪晋太郎投手ら3人が感染。9月にも主将の糸原健斗内野手ら選手とスタッフ計9人の感染が判明。感染経路は特定されていないが、遠征先の名古屋市内で、選手らが上限を4人とした球団ルールを超える8人で会食するなど、チーム管理の不十分さが批判されていた。

 揚塩氏は1983年に阪神電鉄に入社し、2017年12月に球団社長に就任していた。

無断転載・複製を禁じます
1533594 0 プロ野球 2020/10/09 13:28:00 2020/10/09 14:02:11 ※午後2時半解禁※ 室内練習場で記者会見する阪神の揚塩健治球団社長=27日午後、兵庫県西宮市(代表撮影)記者会見する阪神の揚塩健治球団社長(27日午後、兵庫県西宮市の球団施設で)=代表撮影2020年3月27日撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201009-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ