阪神球団社長、チームのコロナ感染で引責辞任…「球界全体に迷惑をかけた」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

揚塩健治球団社長
揚塩健治球団社長

 阪神は9日、揚塩あげしお健治・球団社長(60)が12月1日付で辞任すると発表した。後任は未定。兵庫県西宮市の球団事務所で記者会見した揚塩氏は、チーム内で新型コロナウイルスの感染者が相次いだことなどを理由に挙げ、「(3月と9月の)2度にわたって球界全体に迷惑をかけた事実は否めない」と語った。

 チームでは3月に藤浪ら3選手の感染が判明。9月には主将の糸原ら選手とスタッフの計9人が陽性と判定された。選手らが上限を4人とする球団規定を超える8人で外食するなど管理の甘さも指摘されていた。揚塩氏は「チームが戦っている最中だが、私なりのけじめのつけ方として理解していただければ」と説明。感染防止対策については、「遠征での外食を一切禁止にした」とし、規定を守らなかった選手は、「内規に沿って厳正に処分する」と話した。

 会見に先立ち、揚塩氏は甲子園の室内練習場で、矢野監督や選手らに辞任の意向を伝えた。練習後、取材に応じた矢野監督は「申し訳ない気持ちと残念な思いもある。社長の思いをしっかり持って戦っていく決意でいる」と神妙な面持ちで話した。

無断転載・複製を禁じます
1534516 0 プロ野球 2020/10/09 16:31:00 2020/10/09 21:06:26 ※午後2時半解禁※ 室内練習場で記者会見する阪神の揚塩健治球団社長=27日午後、兵庫県西宮市(代表撮影)記者会見する阪神の揚塩健治球団社長(27日午後、兵庫県西宮市の球団施設で)=代表撮影2020年3月27日撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201009-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ