ソフトバンク栗原、流れ呼ぶ一発…首位攻防戦制す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ソフトバンク5―1ロッテ(パ・リーグ=10日)――ソフトバンクの栗原が14号となる2ランを放った。二回、松田宣の適時二塁打で1点を先行し、なお一死二塁の好機で打席へ。「先制した後のチャンスだったので、積極的に打ちに行った」と、ロッテ・中村稔の高めに浮いた初球を見逃さずに振り抜き、右中間テラス席へ運んだ。試合序盤の主導権を握る一発に「いい追加点になったと思う」とうなずいた。

無断転載・複製を禁じます
1537594 0 プロ野球 2020/10/10 16:45:00 2020/10/10 16:51:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ