オリ新人・大下が先制アーチ、待望の2号…西武に快勝

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 オリックス4―1西武(パ・リーグ=17日)――オリックスの育成ドラフト6位新人、大下誠一郎(白鴎大)が先制ソロ。0―0で迎えた先頭の五回、2球続いたカーブを左翼スタンドへ運び、「塁に出ることだけ考えて打席に入っていた。先に1点が欲しかったので、本塁打になってくれてよかった」と喜んだ。入団1年目で支配下選手となり、9月15日のプロ初打席で3ランという華々しいデビューを飾ったルーキーにとって、待望の2号となった。

無断転載・複製を禁じます
1555851 0 プロ野球 2020/10/17 17:13:00 2020/10/17 17:13:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ