巨人、ドラフト1位で近大・佐藤輝明を指名方針…副代表「10年に1度の逸材」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 巨人は20日、都内の球団事務所でスカウト会議を開き、即戦力野手の佐藤輝明(近大)をドラフト1位で指名する方針を固めた。原監督も出席した会議では約80人をリストアップした上でランク付けしたといい、大塚淳弘副代表は「(1位は)10年に1度の逸材だから方針に変更はない。競合で外れた場合は即戦力投手にいく」と話した。競合した場合は原監督がくじを引き、ドラフトで6人前後、育成ドラフトで10人前後指名する予定。

無断転載・複製を禁じます
1564021 0 プロ野球 2020/10/20 22:34:00 2020/10/20 22:37:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ