読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

巨人、1位競合確実の近大・佐藤を指名できるか…まもなくドラフト

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 プロ野球のドラフト(新人選手選択)会議が26日午後5時から都内で開かれる。アマチュア球界屈指の長打力を誇る佐藤輝明(近大)には、巨人、オリックス、ソフトバンクの3球団が1位指名を公言。最速155キロ左腕の早川隆久(早大)はロッテとヤクルトが1位指名を決め、いずれも競合が確実となった。

パワフルな打撃をみせる近大・佐藤
パワフルな打撃をみせる近大・佐藤

 佐藤は今秋の関西学生リーグで通算14本目の本塁打を放ち、リーグ最多記録(1982年の現リーグ結成以降)を更新。将来の中軸候補と期待する声が多い。25日に1位指名を公表した巨人の原監督は、「非常にスケールの大きい(走攻守)三拍子そろった選手」と高く評価した。野手では、大学日本代表の4番を務めた牧秀悟(中大)、50メートル5秒台の俊足を誇る五十幡亮汰(同)も上位指名が有力視される。

 早川は今夏行われた東京六大学リーグで自己最速の155キロをマーク。秋季リーグでも圧巻の投球を続け、1位候補の座を確固たるものにした。楽天なども指名を検討しており、競合覚悟で何球団が指名に踏み切るか注目だ。

 150キロ台半ばの速球を誇る伊藤大海(苫小牧駒大)は地元の日本ハムが1位指名を明言。154キロ右腕の高橋宏斗(愛知・中京大中京高)も地元の中日が指名を決めた。今年は栗林良吏りょうじ(トヨタ自動車)、木沢尚文(慶大)ら好投手が豊富なため、他球団の動向を見て単独指名を狙う球団が現れることも予想される。

 今年のドラフト会議は、全球団が一堂に会していた例年の方式とは異なり、各球団が個室に分かれて指名を行う。他球団が長考する様子などを見ることができないため、スカウトからは指名戦略への影響を指摘する声も上がっている。

無断転載・複製を禁じます
1577096 0 プロ野球 2020/10/26 07:48:00 2020/10/26 16:12:50 リーグ記録に並ぶ通算13号を放った佐藤(12日) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201026-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)