読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

練習厳しい亜大でもまれた平内投手、巨人1位に「こんなに早く呼ばれるなんて」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 26日のプロ野球のドラフト(新人選手選択)会議で読売巨人軍に1位指名された平内へいない龍太投手(22)(亜細亜大)は驚きを隠さなかった。「こんなに早く呼ばれるなんて」。今春に右肘にメスを入れ、夏に実戦復帰したばかりだったからだ。

 かつてプロ野球の投手として活躍した永井智浩さん(現・ソフトバンク編成育成本部長)を伯父に持ち、キャッチボールをしてもらったことも。そんな環境で自然とプロ野球選手を志し、兵庫・神戸国際大付属高でもプロ志望届を提出したが、指名されなかった。4年後の巻き返しを心に決め、練習の厳しさでも有名な亜細亜大でもまれて、腕を磨いてきた。

 大学入学後は右脚を疲労骨折するなど故障が続き、くじけそうになったこともあったが、「逆にレベルアップしてみせる」とトレーニングに励んできた。

 困難を乗り越え、ようやくつかんだ夢の舞台。「伝統ある強いチームで良い結果を残せるように頑張りたい」。セントラル・リーグ連覇を目前にするチームでの活躍を誓った。

無断転載・複製を禁じます
1579477 0 プロ野球 2020/10/26 21:02:00 2020/10/26 22:20:36

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)