読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

巨人連覇、38度目リーグ優勝…原監督は9度目のV

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

優勝し、ペナントを持って場内を一周する原監督(手前右、左隣は菅野)(30日)=川口正峰撮影
優勝し、ペナントを持って場内を一周する原監督(手前右、左隣は菅野)(30日)=川口正峰撮影

 プロ野球のセントラル・リーグは30日、読売巨人軍が2年連続38度目の優勝を決めた。1リーグ時代を含めると47度目。優勝へのマジックナンバーを「1」としていた巨人は東京ドームでのヤクルト戦に引き分けたが、2位・阪神も引き分けたため。原辰徳監督(62)は通算14シーズン目で、2002年、07~09、12~14、19年に次ぐ9度目のリーグ制覇。

リーグ優勝が決まり、新型コロナウイルス対策で手袋をしたスタッフに胴上げされる原監督(30日、東京ドームで)=沼田光太郎撮影
リーグ優勝が決まり、新型コロナウイルス対策で手袋をしたスタッフに胴上げされる原監督(30日、東京ドームで)=沼田光太郎撮影

 新型コロナウイルスの影響で約3か月遅れの6月19日に開幕した今季は、最初の10試合で7勝2敗1分けとスタートダッシュに成功。7月に一度は首位を明け渡したが、すぐに返り咲き、9月に8季ぶりの9連勝をマークするなどして逃げ切った。

10回、リーグ優勝が決まり、喜ぶ巨人の選手ら(30日午後、東京ドームで)=川口正峰撮影
10回、リーグ優勝が決まり、喜ぶ巨人の選手ら(30日午後、東京ドームで)=川口正峰撮影

 今季はセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)が実施されないため、11月21日から始まる日本シリーズに巨人が出場することも決まった。パシフィック・リーグのCS勝者と日本一を争う。

無断転載・複製を禁じます
1591347 0 プロ野球 2020/10/30 21:50:00 2020/10/31 00:12:19 優勝し、チャンピオンフラッグを持って場内を一周する原監督(手前右、隣はは菅野)(30日、東京ドームで)=川口正峰撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201030-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)