読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

岡本から生まれた、豪快ではなく「技ありの一発」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

3回2死2塁、岡本が逆転2ランを放つ(30日)=稲垣政則撮影
3回2死2塁、岡本が逆転2ランを放つ(30日)=稲垣政則撮影

 持ち味の豪快なスイングではなかった。巨人が優勝マジック「1」として迎えた一戦で、リーグ連覇へと導いたのは4番・岡本が放った技ありの一発だった。

 1点を先取された直後の三回二死二塁。ヤクルト・歳内に追い込まれた後の5球目、内角低めの141キロを腕をたたんで捉えた。最後は左手一本で払うように振り抜くと、打球は左翼席へ。「走者をかえすことだけ考えていた」

 昨季は前を打つ坂本、丸が高い出塁率を残しながら目標の100打点に届かず、日本シリーズでも打率1割台。ふがいなさがつきまとい、4番と呼ばれることには「ものすごく違和感があった」と明かす。

 4番の座を確固たるものにする――。そうオフに誓いを立てると、打撃練習では1球も無駄にしないことを心掛けた。「どこに来ても、全部打つ」。たとえボール球だったとしても、「色んなコースに対するバットの出し方も覚えられる」。本番で常に甘い球が来るとは限らない。理想のスイングを追求するだけでなく、追い込まれた時の対応なども考えた。28号アーチは、与えられた役割を果たすべく磨き続けた技の集大成と言える。

 先制打や逆転打などの「殊勲打」は試合前時点でチーム最多の24本。得点圏打率も3割4分超だ。数字でもチームを先導してきたことがよく分かる。原監督は、その勝負強さを自身の愛称を引き合いに出して褒めたたえる。「若大将のごとく引っ張っている」。大一番でも、相手に傾きかけた流れをすぐに引き戻した主砲。見事な4番へと成長を遂げた。(後藤静華)

無断転載・複製を禁じます
1591373 0 プロ野球 2020/10/30 21:59:00 2020/10/30 23:27:52 3回2死2塁、岡本が逆転2ランを放つ(東京ドームで)=稲垣政則撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201030-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)