読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

2000安打到達の坂本「打席に立つ時、震えるくらい緊張していた」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 プロ野球・読売巨人軍の坂本勇人内野手(31)が8日、東京ドームで行われたヤクルト戦の一回、スアレス投手から左翼線二塁打を放ち、通算2000安打に到達した。プロ野球史上53人目で、31歳10か月での達成は榎本喜八(東京=現ロッテ)の31歳7か月に次ぐ年少記録。1783試合目での到達は史上8番目。

1回2死、2塁打を放ち、通算2000安打を達成した坂本(8日)=飯島啓太撮影
1回2死、2塁打を放ち、通算2000安打を達成した坂本(8日)=飯島啓太撮影

 坂本選手は2007年に高校生ドラフト1巡目で青森・光星学院(現八戸学院光星)高から入団。正遊撃手に定着した08年から13年連続で100安打以上をマークするなど攻守で活躍を続け、巨人軍の主将も務めている。

通算2000安打を達成し、山本浩二さん(右)から名球会のブレザーを受け取った坂本選手(8日、東京ドームで)=稲垣政則撮影
通算2000安打を達成し、山本浩二さん(右)から名球会のブレザーを受け取った坂本選手(8日、東京ドームで)=稲垣政則撮影

 

坂本選手の話

「今でも、どうやったらもっと打てるか考えている。打席に立つ時、本当に震えるくらい緊張していた。緊張の中でも、今まで考えてやってきたことが技術として出せた」

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1611663 0 プロ野球 2020/11/09 10:59:00 2020/11/09 10:59:00 巨人―ヤクルト 1回2死、通算2000本目の安打を放つ坂本(8日、東京ドームで)=飯島啓太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201109-OYT1I50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)