山田ヤクルト残留、FA行使せず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ヤクルトの山田哲人内野手(28)が国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、チームに残留することになった。球団関係者によると7年総額35億円を超える大型契約とみられる。

 今季の山田はコンディション不良もあり、94試合の出場で、打率2割5分4厘、12本塁打、52打点、8盗塁に終わった。山田はFA権の行使についてこれまで、「自らの身の振り方を考えるのも初めてなので、じっくり考えたいと思う」とコメントしていた。球団はシーズン終了前から山田と残留に向けた交渉を続けてきた。

無断転載・複製を禁じます
1638368 0 プロ野球 2020/11/19 15:00:00 2020/11/19 15:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ