日本シリーズ全試合でDH制…コロナで過密日程、投手の負担軽減考慮

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 プロ野球の12球団は19日、オンラインで臨時実行委員会を開き、読売巨人軍と福岡ソフトバンクホークスが21日から対戦する「SMBC日本シリーズ2020」について、全試合で指名打者(DH)制を採用することを決めた。シリーズの全試合DHは1985年の阪神―西武に続いて2度目。

 日本シリーズでのDH制は例年、パの本拠地で認められ、今季も福岡ペイペイドーム(福岡市)で行われる第3~5戦のみで採用される予定だった。今回の決定により、巨人のホームとなる第1、2、6、7戦(京セラドーム大阪)でも採用される。

 今季は新型コロナウイルスの影響で過密日程となり、特に投手の負担軽減と故障予防を考慮し、ソフトバンク側が全試合DH制を提案。臨時実行委では、巨人を含めた全球団が今季限定の特別ルールとして合意した。

 プロ野球の斉藤惇コミッショナーは「コロナ禍の特殊な状況下において、選手の疲労、肉体的負担、けがや故障を少しでも軽減するためには、例外的な処理も必要であると判断し、12球団の同意をいただいた」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます
1639814 0 プロ野球 2020/11/19 21:38:00 2020/11/19 22:24:51

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ