巨人初戦完敗…タカ千賀が7回無失点、栗原は先制2ランなど4打点

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

鹿取義隆さんの第1戦速報解説記事はこちら
日本シリーズ第1戦  11月21日 18時10分開始 京セラドーム大阪
 
ソフトバンク
巨人
試合の詳細データはこちら

 プロ野球の「SMBC日本シリーズ2020」第1戦は21日夜、京セラドーム大阪で行われ、ソフトバンクが5-1で先勝した。栗原が先制2ランなど4打点を挙げる活躍。先発の千賀が7回3安打無失点と好投した。巨人は最終回に1点を返すのがやっとだった。先発の菅野は6回4失点。

 初回は両チーム無得点。

 二回、ソフトバンクは先頭のグラシアルが右前打。続く栗原が右越えに2ランを放ち、先制した。

 三回、巨人は先頭のウィーラーがチーム初安打となる左前打。三塁まで進んだが得点はならなかった。

 四回表、ソフトバンクは二死から栗原が二塁打。続くデスパイネが左前打を放ったが、ウィーラーが正確な返球を見せ栗原はタッチアウト。追加点は挙げられなかった。

 その裏、巨人は無死から坂本、岡本が連続で四球を選んだが丸が併殺に倒れ、無得点だった。

 五回表、中島の好守もあり、ソフトバンクは三者凡退。

 その裏、巨人は二死から大城が中前打を放ったが、続く吉川尚は右飛に倒れた。

 六回表、ソフトバンクは二死から柳田が死球、グラシアルが右前打を放ち、一、三塁。ここまで2安打の栗原がこの打席は左中間二塁打で2人を迎え入れた。

 その裏、巨人は一死から坂本が中前打を放ったが岡本は一飛。丸も力のない二ゴロでまたも0点。

 巨人は七回も三者凡退。千賀は投球数が120に迫っても155キロに達する力強い投球を見せている。

 ソフトバンクは八回、この回に代わった高橋から周東が四球。すかさず二盗に成功すると続く中村晃の左前打で1点を追加した。

 巨人はその裏、代わったモイネロの前に3三振。

 ソフトバンクは九回、ビエイラの前に無得点。巨人は、ソフトバンクの抑え投手、森から丸の右前打などで一死満塁とし、ウィーラーの左犠飛で1点を返したが反撃もここまでだった。

 両チームのスタメンは以下の通り。巨人は左脚内転筋の違和感から復帰した亀井を6番・DHで起用した。

 巨人

 ▽1番二塁 吉川尚▽2番右翼 松原▽3番遊撃 坂本▽4番三塁 岡本▽5番中堅 丸▽6番DH 亀井▽7番一塁 中島▽8番左翼 ウィーラー▽9番捕手 大城▽投手 菅野

 ソフトバンク

 ▽1番二塁 周東▽2番一塁 中村晃▽3番中堅 柳田▽4番左翼 グラシアル▽5番右翼 栗原▽6番DH デスパイネ▽7番遊撃 牧原▽8番三塁 松田宣▽9番捕手 甲斐▽投手 千賀

無断転載・複製を禁じます
1643867 0 プロ野球 2020/11/21 17:44:00 2020/11/21 21:56:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ