読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[掛布雅之物語]<10>西武に去る田淵から最後の言葉「お前は、俺のようになっちゃだめだ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1978年のシーズン終了後、長く阪神で4番を張ってきた田淵幸一の西武へのトレードが、センセーショナルに報じられた。法大からドラフト1位で入団した田淵は、7年目の75年に43本塁打を放ち、巨人・王貞治の14年連続本塁打王を阻止して初のタイトルを獲得。掛布は、その背中を追い続けた大先輩から告げられた最後の言葉が忘れられない。

長く4番を務めた田淵(右)と写真に納まる掛布(左、中央は後藤次男監督)(1978年)
長く4番を務めた田淵(右)と写真に納まる掛布(左、中央は後藤次男監督)(1978年)

 「お前は、俺のようになっちゃだめだ。縦じまのユニホームを着続けろ」

 人気球団がゆえ、まばゆいスポットライトを浴びる一方、多くのバッシングを受ける姿も間近で見てきた。「田淵さんはいつもチームの壁になって、どんな批判も正面から受け止めた。その覚悟が俺にあるのか」

 南海(現ソフトバンク)でプレーし、広島でコーチを務めたドン・ブレイザーが監督に就任して指揮した79年、ポスト・田淵の期待を背負うことになった掛布に、ある変化が起きた。真っすぐに立てたバットのグリップを顔の真横に置いて、弓を引くようにテイクバックする打撃フォームで打ち始めたのだ。

 「この体で、もっと本塁打を打つにはバットを大きく動かしてボールを強くたたくのが理想的なんじゃないかと」。変化に挑んだ姿勢こそ、掛布の覚悟にほかならなかった。(敬称略、随時掲載)

無断転載・複製を禁じます
1864197 0 プロ野球 2021/02/24 15:00:00 2021/02/24 16:07:02 プロ野球 阪神キャンプ 後藤次男監督(中央)と田淵幸一(右)、掛布雅之(左)(高知・安芸で)=岡山洋行撮影 阪神タイガース 【大阪一括登録。使用の際は事実関係を再確認してください】※撮影日不明 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210224-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)