読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[掛布雅之物語]<20>打てなくて「1面」に誇り…4番打者の矜持

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 現役引退から30年以上たった今も、33歳の若さでバットを置いたことを掛布は後悔していない。

 スラッガーらしからぬ身長1メートル75の体格ながら、磨き上げた豪快なスイングで通算349本塁打を放ち、3度の本塁打王に輝いた。そこには、4番打者の矜持きょうじがあった。

引退試合で花束を手に観客席を見つめる掛布(1988年10月10日、甲子園球場で)
引退試合で花束を手に観客席を見つめる掛布(1988年10月10日、甲子園球場で)

 「掛布 ブレーキ」――。そんな見出しがスポーツ紙の1面を飾った時のことを、掛布は誇らしげに振り返る。「打って1面は誰でも取れる。でも、打てなくて1面はなかなか取れないでしょう。その時に思ったんですよ、ようやく4番として認められたんだと」。打順にこだわらなければ選手寿命が延び、名球会入りの条件になる2000安打に届いたかもしれない(通算1656安打)。だが、掛布は打者としての勲章よりも、阪神の4番にこだわった。

 「自分でもあんなに早く辞めるなんて、思っていなかった。ただ、グラウンドを去る時は、4番として、その席を空けるべきなんじゃないかと思っていた。それがチームの新陳代謝にもつながるし、僕を育ててくれたファンへの礼儀だと。実に濃密な15年間の現役生活でした」(敬称略、随時掲載)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1922823 0 プロ野球 2021/03/19 15:00:00 2021/03/22 08:37:32 プロ野球・ヤクルト-阪神26回戦(甲子園球場) 試合終了後ファンに花束を振る掛布選手=安原稔撮影 ヤクルトスワローズ 阪神タイガース 【大阪一括登録。使用の際は事実関係を再確認してください】 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210319-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)