読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

フォークボールはなぜ落ちる?スパコン解析で判明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 野球の投手が投げる変化球「フォークボール」は、ボールにある縫い目の向きの影響で下向きの力がかかって落ちることを、東京工業大などの研究チームが解明したと発表した。

 フォークボールと直球はいずれも逆回転しており、ボール周囲の空気の流れによってボールに浮く力がかかっている。フォークボールが落ちるのは直球に比べて低速回転で、浮く力が弱いためと説明されていた。

フォークボールを投げたときに発生する、空気の流れを計算したシミュレーション(想定実験)画像(青木尊之教授提供)
フォークボールを投げたときに発生する、空気の流れを計算したシミュレーション(想定実験)画像(青木尊之教授提供)

 東工大の青木尊之教授らはスーパーコンピューターを使い、フォークボールと直球でボールにかかる空気の力の違いを解析した。

 するとフォークボールは低速回転に加え、打者から見て縫い目がU字に見える角度(ツーシーム)で逆回転する結果、ボールに重力とは別の下向きの力がかかることを突き止めた。直球は縫い目のU字が横向きの角度(フォーシーム)で逆回転し、この力がかからないという。

 投球の想定実験で軌道を比べると、ボールが時速151キロ・メートルで1分間1100回転の同じ条件でも、ツーシームとフォーシームで落差に約19センチ・メートルの差が出た。フォーシームを2倍高速で回転させると、落差は約30センチ・メートルに広がった。

 坪倉誠・神戸大教授(計算流体力学)の話「同様の現象は、野球以外の球技でも起きている可能性がある。ボールの縫い目と力の関係を調べれば、新たな変化球や魔球の誕生につながるかもしれない」

無断転載・複製を禁じます
1931846 0 プロ野球 2021/03/23 21:02:00 2021/03/29 05:02:00 フォークボールを投げたときに発生する、空気の流れを計算したシミュレーション(想定実験)画像(青木尊之教授提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210323-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)