読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ロッテドラ1・鈴木昭汰、またも初勝利お預け…5回2失点7奪三振も援護恵まれず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 西武2―1ロッテ(パ・リーグ=11日)――ロッテのドラフト1位左腕、鈴木昭汰(法大)のプロ初勝利はまたもお預けとなった。

 プロ3試合目となるこの日も、力のある直球を軸に、序盤から毎回のように三振を奪ったが、四、五回には単打から足を絡めて得点圏に走者を進められ、いずれも犠飛で失点。5回2失点で7奪三振ながら、味方の援護に恵まれなかった。

 「状態は悪くなかったが、もったいない点の取られ方をしてしまったので、しっかり反省したい」。次戦に向けて気持ちを切り替えた。

無断転載・複製を禁じます
1978072 0 プロ野球 2021/04/11 17:14:00 2021/04/11 17:14:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)