読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

巨人、好機生かせず広島と引き分け…阪神は終盤の一発攻勢で4連勝

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

4回1死1、2塁、炭谷が先制の適時打を放つ(捕手・石原)(4日)=金沢修撮影
4回1死1、2塁、炭谷が先制の適時打を放つ(捕手・石原)(4日)=金沢修撮影

 広島1―1巨人(セ・リーグ=4日)――巨人は四回に炭谷の適時打で1点を先取したが、広島が五回に床田の犠飛で追いついた。両チームはその後も好機を得たものの、投手陣が踏ん張って引き分けた。

 阪神11―5ヤクルト(セ・リーグ=4日)――阪神が終盤の一発攻勢で連勝を4に伸ばした。七、八回にマルテらが本塁打を放つと、九回はサンズ、佐藤輝明(近大)が連続本塁打。ヤクルトは阪神に6連敗。

 中日8―4DeNA(セ・リーグ=4日)――中日が序盤の大量点で快勝した。一回、高橋周の2点打などで4点を奪い、三回に根尾が満塁弾。DeNAは二回に1点差と迫ったが続かず、連勝は3で止まった。

無断転載・複製を禁じます
2030290 0 プロ野球 2021/05/04 22:22:00 2021/05/04 22:22:00 4回1死1、2塁、炭谷が先制の適時打を放つ(捕手・石原)(4日、マツダスタジアムで)=金沢修撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210504-OYT1I50083-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)