読売新聞オンライン

メニュー

「いい援護できた」楽天鈴木大、満塁で二塁打…主導権握るが逃げ切れず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ソフトバンク5―5楽天(パ・リーグ=5日)――楽天・鈴木大が二回に走者一掃の3点二塁打を放った。先制点を奪ってなおも続いた二死満塁の好機。ソフトバンク・和田が投じた、フルカウントからの高めに浮いたスライダーを捉え、右中間を破った。序盤にリードを広げた貴重な一打に、「前回、(先発の)則本昂が投げた試合で点を取ってあげることが全然できなかったので、いい援護ができた」とうなずいた。

無断転載・複製を禁じます
2031336 0 プロ野球 2021/05/05 16:38:00 2021/05/05 16:38:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)