読売新聞オンライン

メニュー

G、広島を零封…「攻める気持ちで」サンチェスが要所締め7回無失点

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 巨人4―0広島(セ・リーグ=5日)――巨人はサンチェスが7回無失点と好投した。初回は先頭の菊池涼に中前打を浴びたものの、3番の鈴木誠を遊ゴロ併殺に打ち取り無失点。その後も安打を許しながらも要所を締めた。肩の違和感のため離脱し4月20日以来の登板となったが、「攻める気持ちで勝利に貢献できるよう、全力を尽くす」と話していたように先発投手としての務めを果たした。

無断転載・複製を禁じます
2031342 0 プロ野球 2021/05/05 16:47:00 2021/06/05 17:00:07

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)