読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

タカ、ハムに快勝し首位浮上…楽天・田中将は3敗目

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

2回無死1、2塁、明石が先制の適時打を放つ
2回無死1、2塁、明石が先制の適時打を放つ

 ソフトバンク7―3日本ハム(パ・リーグ=15日)――ソフトバンクが序盤の大量点で快勝し、首位浮上。二回に明石の適時打などで3点を先行し、三回には上林の2点打などで加点した。日本ハムはバーヘイゲンが乱調。

 西武3―0ロッテ(パ・リーグ=15日)――西武が零封勝ちで5試合ぶりの白星。両チーム無得点で迎えた八回、源田と山川の適時打などで3点を挙げた。松本は2連勝。ロッテは美馬を援護できなかった。

 オリックス4―3楽天(パ・リーグ=15日)――2点を追うオリックスは六回、吉田正が逆転3ランを放つと、八回にも杉本の犠飛で追加点を挙げた。7番手のK―鈴木はプロ初セーブ。楽天の田中将は3敗目。

無断転載・複製を禁じます
2054438 0 プロ野球 2021/05/15 20:36:00 2021/05/15 20:36:00 2回無死一、二塁、先制の右前適時打を放つ明石健志(カメラ・関口 俊明)報知写真部/2021年5月15日撮影=北海道・札幌市の札幌ドーム ◇プロ野球公式戦 北海道日本ハムファイターズ対福岡ソフトバンクホークス 8回戦◇ https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210515-OYT1I50105-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)