読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

岡本和が2ラン、G引き分け挟んだ連敗を4で止める…オリックスは交流戦単独首位

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

8回1死3塁、岡本和が2ランを放つ(捕手・江村)(11日)=横山就平撮影
8回1死3塁、岡本和が2ランを放つ(捕手・江村)(11日)=横山就平撮影

 

 巨人5-1ロッテ(交流戦=11日)――巨人が引き分けを挟んだ連敗を4で止めた。同点の八回、ウィーラーの二塁打や岡本和の2ランなどで4点を勝ち越した。ロッテは中盤以降、打線が精彩を欠いた。

    ◇

 DeNA4-0日本ハム(交流戦=11日)――DeNAは一回、オースティンの2ランで先制し、三回と五回には佐野の犠飛で加点した。浜口が2季ぶりの完封で4勝目。日本ハムは投打に精彩を欠き、4連敗。

    ◇

 阪神3-2楽天(交流戦=11日)――阪神が競り勝ち、4連勝。五回に糸井の適時打で1点差に迫り、六回にマルテが逆転2ランを放った。スアレスが20セーブ目。楽天は打線が振るわなかった。

    ◇

 中日6-5西武(交流戦=11日)――中日が交流戦勝ち越しを決めた。三回に大島の適時打などで2点先行し、四回に堂上の適時打などで加点。大野雄は7回3失点。西武は追い上げも及ばなかった。

    ◇

 オリックス4-0広島(交流戦=11日)――オリックスは七回、杉本が均衡を破る2点打。山本の15奪三振の快投で引き分けを挟んで4連勝を飾り、交流戦単独首位に立った。広島は引き分けを挟んで5連敗。

    ◇

 ヤクルト1-0ソフトバンク(交流戦=11日)――ヤクルトが今季5度目の零封勝ち。二回に村上の右越えソロで先制し、5投手の継投で逃げ切った。ソフトバンクは打線がつながりを欠き、連勝が3で止まった。

無断転載・複製を禁じます
2118518 0 プロ野球 2021/06/11 22:32:00 2021/06/11 22:32:00 8回1死3塁、2ランを放つ岡本和(捕手・江村)(11日、ZOZOマリンスタジアムで)=横山就平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210611-OYT1I50101-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)