読売新聞オンライン

メニュー

交流戦MVPはオリックス・山本、3試合先発で3勝

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本野球機構(NPB)は17日、「日本生命セ・パ交流戦」の最優秀選手(MVP)にオリックスの山本由伸投手(22)が選ばれたと発表した。賞金200万円が贈られる。山本は3試合に先発して3勝し、2010年以来となるチームの交流戦制覇に貢献した。

日本生命セ・パ交流戦でMVPに選ばれた山本投手
日本生命セ・パ交流戦でMVPに選ばれた山本投手

 各リーグで活躍が目立った選手を表彰する「日本生命賞」(賞金100万円)は打率4割9厘で首位打者に輝いた中日のビシエドと、いずれもトップタイの3勝、防御率0・90をマークした日本ハムの新人、伊藤大海(苫小牧駒大)が受賞した。

無断転載・複製を禁じます
2133512 0 プロ野球 2021/06/17 18:57:00 2021/06/17 18:57:00 プロ野球。日本生命セ・パ交流戦。オリックス4―0広島。8回15奪三振の快投を見せたオリックス・山本=報知新聞。京セラドーム大阪で。2021年6月12日朝刊[チェンジアップ]「山本 グイグイ15K」掲載。紙面に限り二次利用可。クレジット:不要 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210617-OYT1I50110-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)