読売新聞オンライン

メニュー

G一発攻勢で快勝、戸郷がリーグトップ7勝目…広島は12得点で辛勝

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

6回2死、坂本が通算250号となる本塁打を放つ(19日)=吉野拓也撮影
6回2死、坂本が通算250号となる本塁打を放つ(19日)=吉野拓也撮影

 

 巨人6-2阪神(セ・リーグ=19日)――巨人が一発攻勢で快勝。四回に大城のソロで勝ち越し、六回に坂本がソロ、八回は丸が2ランを放った。戸郷がリーグトップの7勝目。阪神の連勝は7で止まった。

    ◇

 中日7-3ヤクルト(セ・リーグ=19日)――中日が連敗を3で止めた。二回に逆転二塁打の大島が四回にも適時三塁打。ヤクルトは一回に山田が先制ソロを放ったが、先発の小川が粘れず、4連勝でストップ。

    ◇

 広島12-11DeNA(セ・リーグ=19日)――広島がともに今季最多の17安打、12得点で辛勝。三回に決勝打を放った林が4安打4打点と活躍した。DeNAは九回に宮崎の満塁本塁打などで追い上げたが、及ばず。

無断転載・複製を禁じます
2138619 0 プロ野球 2021/06/19 19:35:00 2021/06/19 19:35:00 6回2死、坂本がソロを放つ(19日)=吉野拓也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210619-OYT1I50085-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)