読売新聞オンライン

メニュー

G松原が先制2ラン、「新1番バッター」が存在感…阪神に競り勝つ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

6回1死1塁、先制2ランを放った松原(20日)=前田尚紀撮影
6回1死1塁、先制2ランを放った松原(20日)=前田尚紀撮影

 巨人2―1阪神(セ・リーグ=20日)――巨人の松原が六回、先制2ランを放った。一死一塁で、阪神の秋山が投じた内角直球を捉え、ライナー性の打球で右翼席へ運んだ。梶谷が左太もも裏の違和感で離脱した5月25日以降、主に1番に座る。「何とかカバーできるようにやっている」と控えめに語る左打者が、存在感を示した。

無断転載・複製を禁じます
2140111 0 プロ野球 2021/06/20 17:41:00 2021/06/20 20:20:42 6回1死1塁、先制2ランを放った松原(20日、甲子園球場で)=前田尚紀撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210620-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)