読売新聞オンライン

メニュー

巨人、東京Dで飛沫の広がり確認する実験…「鼻だしマスク」は飛沫漏れる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 読売巨人軍は23日、東京都文京区の東京ドームで、観客の 飛沫ひまつ がどのように広がるのかを確認する試験を行った。新型コロナウイルスの感染対策に生かす。

マネキンの口から模擬飛沫を飛ばす(23日、東京ドームで)=早坂洋祐撮影
マネキンの口から模擬飛沫を飛ばす(23日、東京ドームで)=早坂洋祐撮影

 国立研究開発法人「産業技術総合研究所」(産総研)などとの共同試験で、空調を試合と同じ条件に設定して実施した。ネット裏の観客席に人の顔の模型を設置し、マスク着用の有無など条件を変えながら、口の部分から液体を飛ばしてせきとくしゃみをした際に生じる飛沫を再現。レーザー光を当てて、高性能カメラで粒子の動きを撮影した。

 その結果、マスクなしでは、飛沫が2席分前方まで到達し、鼻だしマスクは比較的多くの飛沫が漏れ出ることが確認された。マスク着用時は、飛沫はほとんどみられなかった。

 東京ドームの岡佳和・常務執行役員東京ドーム部長は「今後の感染防止策に十分に役立てていきたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
2150588 0 プロ野球 2021/06/23 21:38:00 2021/06/23 21:46:42 東京ドームで行われた咳やくしゃみをレーザーで可視化する試験。マネキンの口から飛沫粒子を飛ばす(23日、東京ドームで)=早坂洋祐撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYT1I50121-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)