読売新聞オンライン

メニュー

G救援陣粘れず、中日に逆転負け…阪神・青柳が8回無失点で8勝目

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

8回無死1、3塁、ビシエド(奥)に勝ち越しの適時打を浴びた鍵谷(6日)
8回無死1、3塁、ビシエド(奥)に勝ち越しの適時打を浴びた鍵谷(6日)

 中日3―2巨人(セ・リーグ=6日)――中日が連敗を5で止めた。八回、大島、ビシエドの2者連続適時打で逆転した。2番手の谷元が今季初勝利。巨人は救援陣が粘れず、打線も決定打を欠いた。

        ◇

 阪神5―1ヤクルト(セ・リーグ=6日)――投打がかみ合い、阪神が快勝。三回に大山のソロで先制し、四回には佐藤輝明(近大)の適時打などで加点した。青柳は8回無失点でリーグトップに並ぶ8勝目。

        ◇

 DeNA4―2広島(セ・リーグ=6日)――DeNAが逆転勝ち。四回にオースティンの2ランで追いつき、八回に佐野の2ランで勝ち越した。広島は四回以降1安打に抑えられ、好投の大瀬良を援護できず。

無断転載・複製を禁じます
2184761 0 プロ野球 2021/07/06 22:16:00 2021/07/06 22:16:00 巨人-中日 8回無死1、3塁、ビシエド(右)の適時打で勝ち越された鍵谷(6日、上毛新聞敷島球場で)=沼田光太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210706-OYT1I50164-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)