読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「野球肘」で丸1年ボール握らず、サッカーで足腰鍛えた中学時代…輝くルーキー・佐藤輝明<2>

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

輝くルーキー・佐藤輝明をすべて読むならこちら

 小学1年の春、佐藤輝は左打席で打ち始めた。

 「左打者の方が有利みたいなことを聞きかじって勧めた」。右利きの息子に左打ちにするよう促したのは、関学大准教授で運動生理学などを専門とする父・博信(54)だった。試合では使えなかったという木製のバットで練習に取り組んだのも、「小さい頃から(木製で打つ)感覚を養った方が、後々いい」と知人に聞いたのがきっかけだった。

 小4の頃には、粘着テープでくるんだ新聞紙のボールを使ったティー打撃を自宅で始めた。これも、巨人二軍監督の阿部慎之助が、小学生の時に自宅での練習で1日500球ほど打っていたという話を、柔道仲間に聞いたからだった。

 上達のスピードは博信の想像を超えていた。小5の頃には、長打力が他チームの間でもうわさになった。ただ、一つ、心配事があった。食が細かったことだ。

小学6年の対外試合で本塁打を放つ佐藤輝(2010年4月)=家族提供
小学6年の対外試合で本塁打を放つ佐藤輝(2010年4月)=家族提供

 博信は、一つの約束事をつくった。対外試合で本塁打を打った後、家族で回転ずしに行くようになった。「大好きなすしならいっぱい食べるんじゃないかと。それが野球をやる励みになってくれればとも思った」。体は徐々に大きくなり、小6の時に対外試合で放った本塁打は23本を数えた。

     ◆

 投手と捕手のポジションをこなし、順調に成長の階段を上がっていた才能豊かな少年に、アクシデントが襲ったのは、全国大会を目前に控えた小6の冬だった。

 博信の当時の手帳に、こう記されている。「テルが野球肘になってしまいました。離断性骨軟骨炎。3~12か月。完治するかわからない。ショックです」

「将来はプロ野球選手になろうと思います」と書いた卒業文集(家族提供)
「将来はプロ野球選手になろうと思います」と書いた卒業文集(家族提供)

 佐藤輝は、関西の有力選手でつくる「阪神タイガースジュニア」の一員として、NPB12球団ジュニアトーナメントへ出場する予定だった。だが、自ら辞退を決めた。仙台市から祖父が観戦に訪れると聞いても、意思は曲げなかった。その時の思いを、卒業文集で、こうつづっている。「僕は将来のことを考えて出ませんでした。それでランナーコーチをしました。こういう事を生かして、将来はプロ野球選手になろうと思います」

 右肘の手術はせず、自然治癒で回復の道を探った。在籍した中学の軟式野球部では丸1年、ボールを握らず、サッカーで足腰を鍛えた。ブランクは、少なからず進路にも影響を与えたが、博信は「仁川に行っていなければ、今のテルはなかったと思う」。西宮市にある仁川学院高校への進学が、人生の分岐点になった。(敬称略)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2331746 0 プロ野球 2021/09/01 15:00:00 2021/09/01 15:38:33 小学6年の対外試合で本塁打を放つ佐藤輝選手(2010年4月)(家族提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210901-OYT1I50089-T-e1630478307305.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)