中日監督に立浪和義氏…「打つ方は必ず何とかする、勝つ執念を植えつけたい」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中日の新監督にOBの立浪和義氏(52)が就任することが29日、決まった。名古屋市内で球団から正式な就任要請を受け快諾した。記者会見で立浪氏は「私の使命はとにかくチームを強くすること」と決意を語った。契約期間は3年とみられ、背番号は未定。

立浪和義氏(29日)
立浪和義氏(29日)

 勝負強い打撃と優しい顔立ちで人気選手となった立浪氏は中日一筋に22年間プレーし、「ミスタードラゴンズ」と呼ばれた。通算2480安打を放ち、2019年には野球殿堂入りした。

 中日は11年を最後にリーグ優勝から遠ざかっている。チーム再建の切り札として期待される立浪氏は「打つ方は必ず何とかする。選手に勝ちにいく執念を植えつけたい」と話した。

 一軍コーチ陣は次の通り。▽ヘッド兼投手 落合英二▽投手 大塚晶文▽打撃 森野将彦、中村紀洋▽内野守備走塁 荒木雅博▽外野守備走塁 大西崇之▽バッテリー 西山秀二

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2480393 0 プロ野球 2021/10/29 12:53:00 2021/10/29 19:46:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211029-OYT1I50098-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)