CSの甲子園に観客2万1478人、収容定員の50%に緩和…巨人・原監督「ファンあってのプロ野球」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

今季初めて2万人以上が訪れた甲子園球場(6日午後、兵庫県西宮市で)=金沢修撮影
今季初めて2万人以上が訪れた甲子園球場(6日午後、兵庫県西宮市で)=金沢修撮影

 プロ野球のセントラル、パシフィック両リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージが6日、開幕した。セ・リーグでは、阪神タイガースと読売巨人軍が甲子園球場(兵庫県西宮市、定員約4万7500人)で対戦し、今季両リーグ最多の2万1478人が詰めかけた。

G7、ロシア制裁に加わらぬ招待5か国に秋波送るが…対露での温度差埋まらず協力範囲未知数

 セのCSは新型コロナウイルスの影響で昨年は行われず、2年ぶりの開催。大規模イベントの参加人数制限の上限1万人が撤廃され、今月から収容定員の50%に緩和された。巨人の原辰徳監督は「ファンあってのプロ野球。非常にいい方向に世の中は移りつつあると思う」と話した。

 パのCSは、ZOZOマリンスタジアム(千葉市、定員約3万人)で1万4904人が観戦した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2499616 0 プロ野球 2021/11/06 20:21:00 2021/11/06 20:21:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211106-OYT1I50068-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)