元広島の黒田博樹さん・DeNA監督の三浦大輔さんら野球殿堂入り候補に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 野球殿堂博物館(東京都文京区)は1日、2022年の野球殿堂入り競技者表彰の候補者49人と特別表彰の候補者10人を発表した。殿堂入り表彰者は取材経験豊富な野球担当記者や前年までに殿堂入りした人の投票で選ばれ、来年1月14日に発表される。

黒田博樹さん
黒田博樹さん
三浦大輔さん
三浦大輔さん

 プレーヤー部門の候補者は25人。広島や米ヤンキースなどで日米通算203勝を挙げた黒田博樹氏(46)、通算172勝でDeNA監督の三浦大輔氏(47)の2人が新たに加わった。

 エキスパート部門は24人。現役では通算2038安打を放った好打者で、指導者としても多くの選手を育てた新井宏昌氏(69)が再び候補者となり、日本代表や阪神などでコーチを歴任した高代延博氏(67)、巨人で完全試合を達成した槙原寛己氏(58)、阪神の監督を務めた和田豊氏(59)が前回から追加された。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2562855 0 プロ野球 2021/12/01 18:00:00 2021/12/01 18:00:00 広島市南区のマツダスタジアムで16日、行われた元広島カープ・新井貴浩さん(42)の引退セレモニーは、ナインやファンに愛される新井さんの人柄を象徴する、心温まるものになった。スタンドからは、新井さんにいつまでも大きな拍手が鳴り響いた。写真=山本浩二さん(左)、黒田博樹さん(右)との記念撮影に応じる新井貴浩さん(マツダスタジアムで)=金沢修撮影2019年3月16日撮影 同月17日広島版「カープ 愛と感謝 球場包む 新井さん引退セレモニー」掲載 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211201-OYT1I50105-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)