読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ゴールデン・グラブ賞、G岡本和やオリ山本ら初受賞…G坂本は3年連続

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 プロ野球の守備のベストナインを選ぶ「三井ゴールデン・グラブ賞」の受賞者が2日発表され、セ・リーグでは巨人の岡本和が初めて選出された。巨人の三塁手が受賞するのは2016年の村田修一以来、5年ぶりとなった。

岡本和真
岡本和真

 巨人の坂本は3年連続5回目の受賞。セの遊撃手が3年連続で選ばれるのは13~15年の阪神・鳥谷敬以来となり、巨人の遊撃手としては川相昌弘の計6回に次ぐ記録となった。広島の菊池涼は9回目の選出で、二塁手では西武・辻発彦の8回を抜き、両リーグを通じて最多の受賞となった。20年ぶりの日本一に輝いたヤクルトからは中村が6年ぶりに返り咲いた。

 パ・リーグを制したオリックスからも5年ぶりに選ばれ、投手の山本、三塁手の宗が初選出となった。昨季まで28年連続で受賞者を出していた日本ハムからは選ばれず、リーグ最長の連続記録が途絶えた。両リーグを通じて最多の得票はソフトバンク・甲斐の254票で5年連続の選出となった。

 受賞者は以下の通り。※は初受賞。

 【セ・リーグ】投手=中日・柳裕也(※)、捕手=ヤクルト・中村悠平、一塁手=中日・ビシエド、二塁手=広島・菊池涼介、三塁手=巨人・岡本和真(※)、遊撃手=巨人・坂本勇人、外野手=広島・鈴木誠也、阪神・近本光司(※)、中日・大島洋平

 【パ・リーグ】投手=オリックス・山本由伸(※)、捕手=ソフトバンク・甲斐拓也、一塁手=ソフトバンク・中村晃、二塁手=ロッテ・中村奨吾、三塁手=オリックス・宗佑磨(※)、遊撃手=西武・源田壮亮、外野手=ロッテ・荻野貴司、楽天・辰己涼介(※)、ソフトバンク・柳田悠岐

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2565354 0 プロ野球 2021/12/02 15:30:00 2021/12/02 18:52:32 プロ野球。軽めの守備練習をこなす巨人の岡本和。脇腹を痛めてクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージを欠場、引き続き別メニュー調整となった。神宮球場で。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211202-OYT1I50066-T-e1638428097892.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)