自主トレ中のタカ柳田・日ハム清宮ら12選手が陽性…G重信・萩原も感染

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ソフトバンクは17日、自主トレーニング中の柳田、松田ら他球団を含む選手12人、スタッフ3人が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたと発表した。

国内のコロナ新規感染3万6903人…大阪府が全国最多の3932人
柳田悠岐
柳田悠岐
清宮幸太郎
清宮幸太郎

 ソフトバンクなどによると、柳田は佐賀県内で同僚の真砂と谷川原、日本ハムの清宮、ロッテの安田、西武の戸川と自主トレを実施。15日に一部選手が発熱などを訴え、PCR検査でこの6選手とスタッフ2人の陽性が確認された。

 松田は熊本県内で同僚の牧原大と野村大、DeNAの宮崎と嶺井、西武の山田らと自主トレを行っていた。この6選手とスタッフ1人が陽性となった。

 また、巨人も重信と萩原が陽性判定を受けたと発表した。重信は症状なしで、萩原は15日夜に発熱したものの平熱に戻っており、いずれも自宅療養している。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2681087 0 プロ野球 2022/01/17 17:32:00 2022/01/18 05:31:24 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/yanakiyo.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)