熱く冷静に122球完封の巨人・シューメーカー、謙虚に「皆で一つの絵を完成させて勝てた」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

巨人3-0中日

 巨人が今季2度目の6連勝。六回に暴投で1点を先取し、九回に中島の2点二塁打でダメを押した。シューメーカーは完封で来日初勝利。中日は今季最少の2安打。

完封で来日初勝利を挙げたシューメーカー(23日)=稲垣政則撮影
完封で来日初勝利を挙げたシューメーカー(23日)=稲垣政則撮影

 熱く、冷静に122球を投げ抜いた。今季から巨人に加入したシューメーカーが、2安打無四球の完封で来日初勝利を飾った。

 八回を終え107球を投げていたが、桑田投手チーフコーチが「135球以内であればいけると思っている。やはりゾーンに入ったら一人で投げきった方がいい」と話したように、首脳陣は続投を決断。九回のマウンドに立った本人も「信頼に応えたいという気持ちに火がついた」。一死から安打を許した後、大島を内角のスプリットで見逃し三振に仕留め、岡林も遊ゴロに。今季チーム初の完投、無四球試合を達成した殊勲者は、勝利の瞬間、力強く拳を握った。

完封で初勝利を挙げ、マウンドでタッチを交わすシューメーカー(右端)(23日)=伊藤紘二撮影
完封で初勝利を挙げ、マウンドでタッチを交わすシューメーカー(右端)(23日)=伊藤紘二撮影

 七回二死まで走者を一人も許さないパーフェクト投球。A・マルティネスに初安打となる左翼線二塁打を浴びて偉業は逃したが、落胆することはなかった。「仕切り直して、目の前の打者を打ち取っていこうと思った」。続くビシエドに対しても冷静に、丁寧にコーナーを突き、最後は外角スライダーで遊ゴロに打ち取った。

 米大リーグ通算46勝の右腕は、1メートル88の長身からツーシーム、スライダー、カーブにスプリットと、多彩な変化球を制球良く操る。中日の立浪監督も「右打者(の内角)に食い込んでくる球を意識した時に、うまく外のスライダーを使われた」と振り返り、「対策をしっかりと練らないといけない投手」と警戒した。

 お立ち台では「それぞれの役割を果たし、皆で一つの絵を完成させて勝てたのはとてもうれしい」と謙虚に語った。35歳の新戦力も、間違いなく、覇権奪回を狙う巨人の重要なピースになるはずだ。(宮崎薫)

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2947156 0 プロ野球 2022/04/24 05:00:00 2022/04/24 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220423-OYT1I50205-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)