佐々木朗希が160キロ、京成スカイライナーも160キロ…球場で駆け抜ける

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 プロ野球・千葉ロッテマリーンズは、好調の佐々木朗希投手の登板を盛り上げるため、京成電鉄とのコラボ企画「160km/hプロジェクト」を27日の阪神タイガース戦(ZOZOマリンスタジアムで午後6時開始)から始める。

佐々木投手が164キロを計測した際に流れる演出画像(京成電鉄提供)
佐々木投手が164キロを計測した際に流れる演出画像(京成電鉄提供)

 完全試合を達成するなど快投を続ける佐々木投手の武器が160キロ超の直球で、京成電鉄の「スカイライナー」の最高速度も時速160キロであることにちなんで企画された。

 マリンスタジアムでの試合で、佐々木投手が160キロ以上の投球をする度に、内野席一帯に設置されている帯状の「リボンビジョン」をスカイライナーが駆け抜ける映像が流れる。自己最速の164キロ以上を計測した際には、リボンビジョンの映像に加え、センター後方の大型ビジョンに球速や佐々木投手の投球フォームなどを組み合わせた特別演出の画像を流す。

 先発登板日にはプレゼント企画も行う。五回までの160キロ以上の投球数を当選者数とし、来場者に抽選で京成グループ共通優待券(1万6000円分)をプレゼントする。

 京成電鉄の担当者は「球場に足を運び、佐々木投手が見せる圧巻の投球とスカイライナーの演出を楽しんでほしい」と話している。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3031045 0 プロ野球 2022/05/26 08:37:00 2022/05/26 09:16:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220524-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)