巨人、岡本和の3ラン含む5打点で競り勝つ…ヤクルトは2試合連続のサヨナラ勝ち

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

1回1死2、3塁、逆転の3ランを放ち3塁走者・丸(左)とタッチする岡本和(25日)=林陽一撮影
1回1死2、3塁、逆転の3ランを放ち3塁走者・丸(左)とタッチする岡本和(25日)=林陽一撮影

 巨人5―3オリックス(交流戦25日)――巨人が競り勝った。一回に岡本和の3ランで逆転。五回に追いつかれたが、八回に岡本和の2点打で勝ち越した。オリックスは前日に続き、ビドルが崩れた。

 ヤクルト7―6日本ハム(交流戦25日)――ヤクルトが、2試合連続のサヨナラ勝ちで4連勝。2点を追う九回、山崎が劇的な逆転3ランを放った。日本ハムは3連敗。堀、北山と救援陣が打ち込まれた。

 楽天6―1阪神(交流戦25日)――楽天が連敗を4で止めた。三回、浅村の適時打で同点。四回に辰己がソロ、五回は浅村が2ランを放った。辛島が2年ぶりの白星。阪神は連勝が3でストップ。

 西武2―1中日(交流戦25日)――西武が逆転勝ちで3連勝。勝率を5割に戻した。1点を追う二回に山川のソロで同点とし、五回に川越の適時打で勝ち越し。中日は打線が湿り、3季ぶりの7連敗。

 ソフトバンク8―2DeNA(交流戦25日)――ソフトバンクは五回にグラシアルの2点打などで6点を挙げた。先発の東浜が3回で降板後、松本らの継投で反撃を封じた。DeNAは打線のつながりを欠いた。

 広島5―2ロッテ(交流戦25日)――広島は五回にマクブルームの2点二塁打で勝ち越し、六回にも野間と菊池涼の連続適時打で加点。ロッテはソロ2本の得点で、3併殺と打線がつながりを欠いた。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3030592 0 プロ野球 2022/05/25 23:00:00 2022/05/26 06:05:49 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220525-OYT1I50172-T-e1653512745668.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)