力尽きたG救援陣…痛恨の一打で星を落とし、早くも消えた自力V

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ヤクルト11―10巨人

 ヤクルトが、両チーム計28安打の打撃戦を逆転で制した。八回に村上の3ランで勝ち越し、最後はマクガフがしのいだ。巨人は序盤のリードを守り切れなかった。

         ◇

先発の戸郷(26日)=林陽一撮影
先発の戸郷(26日)=林陽一撮影
3回2死1、3塁、長岡(左)に逆転となる3ランを打たれた今村(26日)=林陽一撮影
3回2死1、3塁、長岡(左)に逆転となる3ランを打たれた今村(26日)=林陽一撮影
8回1死1、3塁、村上に3ランを打たれた平内(26日)=林陽一撮影
8回1死1、3塁、村上に3ランを打たれた平内(26日)=林陽一撮影

 巨人が10得点以上挙げて敗れたのは、実に2013年以来。打線は九回、最後のアウトを奪われるまで粘りを見せた。それだけに、際立ったのが、投手陣の淡泊さだった。

 「6点は大きかったね」。原監督が試合後、悔やんだのが4点リードで迎えた三回の大量失点だ。中4日で先発した戸郷が、計4長短打などで、ノックアウト。1点差に追い上げられ、なお二死一、三塁で、火消し役に今村を送り出した。しかし、3球目、長岡に高めに甘く入った速球を捉えられて、右翼への逆転3ラン。8番打者に気持ち良くスイングをさせたのは痛かった。

 このあたりからシーソーゲームに。同点で迎えた八回には、平内が四球と自らの失策でピンチを招き、村上に決勝弾を浴びた。痛恨の一打で星を落とし、巨人の自力優勝の可能性が、早くも消えた。

 2位につけながら、ヤクルトとのゲーム差は11。首位チームに大きく見劣りするのが、救援陣だ。巨人は試合前時点で、救援投手の防御率はリーグワーストの4・05。一方のヤクルトは、リーグ1位の2・55の安定感を誇る。この日の乱打戦も、その出来が勝敗を左右してしまった格好となった。ヤクルトはこの日も含め、救援投手だけで、12の勝ち越し。中継ぎが踏ん張って、打撃の奮起を待つ形ができているのは強みだ。

 「防げた失点はあったんじゃないか」と阿部作戦兼ディフェンスチーフコーチ。そのうえで、「バッテリーで粘って、勝ちを拾っていけるかを目標にやっていきたい」と語った。元気のなかった打線に火がついたのは好材料。あとは無駄な失点を減らしていけば、チームの歯車もかみ合ってくるはずだ。(林宏和)

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3116535 0 プロ野球 2022/06/27 06:30:00 2022/06/27 07:16:06 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220626-OYT1I50105-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)