ソフトバンク、和田毅投手らのコロナ陽性を確認…ほかの自主隔離選手らは陰性

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福岡ソフトバンクホークスは27日、前日に新型コロナウイルスのスクリーニング検査で陽性疑いとなっていた和田毅投手(41)、ジュリスベル・グラシアル内野手(36)、野村勇内野手(25)(NTT西日本)、本多雄一内野守備走塁コーチ(37)とスタッフ1人がPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。また、この検査で嘉弥真新也投手(32)、藤井皓哉投手(25)と別のスタッフ1人も陽性と判定された。

[深層NEWS]第7波「地域差があり、まだ警戒必要」…山際再生相が舛添氏と議論
ソフトバンクの和田毅投手=球団提供
ソフトバンクの和田毅投手=球団提供

 球団によると、濃厚接触の疑いで自主隔離していた杉山一樹投手(24)と正木智也外野手(22)(慶大)らを含む、その他のチーム関係者の陰性を確認した。チームの活動は予定通り継続するという。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3118346 0 プロ野球 2022/06/27 17:19:00 2022/06/27 17:19:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220627-OYT1I50094-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)