パラ競泳・一ノ瀬メイ、女子100バタで日本新

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

女子100メートルバタフライ(S9)で日本新記録で2位になった一ノ瀬メイ選手(右)(23日午後、横浜国際プールで)=泉祥平撮影
女子100メートルバタフライ(S9)で日本新記録で2位になった一ノ瀬メイ選手(右)(23日午後、横浜国際プールで)=泉祥平撮影

 障害者競泳のジャパンパラ競技大会は23日、横浜市の横浜国際プールで最終日が行われ、女子100メートルバタフライ(運動機能障害S9)は、リオデジャネイロ・パラリンピック代表の一ノ瀬メイ(近大職員)が1分11秒20の日本新で2位に入った。

 一ノ瀬は「攻めの泳ぎでいった。ここでベストを出せたことは自信になる」と振り返った。今季開幕前から豪州を拠点に練習をしており、「水泳に集中出来ていて、成長を実感している」とし、出場すれば2大会連続となる東京パラリンピックに向け、強い意欲を見せた。

無断転載禁止
809467 0 東京オリンピック・パラリンピック 2019/09/23 18:48:00 2019/11/08 10:28:46 2019/11/08 10:28:46 2019ジャパンパラ競泳水泳競技大会 女子100メートルバタフライ(運動機能障害(S9)で日本新記録で2位に入り、スペインの選手と抱き合う一ノ瀬メイ(23日午後4時57分、横浜国際プールで)=泉祥平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190923-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ